Quick & Slowな日々。
SEASON
二十四節気 七十二候、季節を感じながらゆっくりと、そして時に急いで。
時の過ぎゆくままに、猫路がいっぱいの鎌倉 佐助から猫街ダイアリー。
2016年1月2日
おせちの合い間に
古安曾農園から届いた旬の信州有機野菜、黒丸大根を添えて夜メニューを考えました。黒丸大根は蒸したり
茹でたりすると蕪のような、じゃがいものような甘みがでてとても美味。また歯ごたえがあるのも魅力です。
昨年の黒猫展で結ばれた古安曾農園さんとのご縁が、少しずつカタチになりそう。美味しい野菜は穏やかな心を、
またその美味しさは、もったいないという気持ちも育ててくれているようです。野菜嫌いな大人も子どももこのお野菜なら食べてくれると大好評。

チー坊ノワールな食卓【1】
メニュー 攅丸大根とスズキのにんにくと鎌倉スパイスソテー】
 黒丸大根を8个領慇擇蠅砲靴10分ほど蒸してから、オリーブオイルと鎌倉スパイスでソテー。焦げ目が軽くついたら皿に並べる。(皮はむきません)
▲好坤かカジキマグロをひと口大に切り、オリーブオイルとニンニクと鎌倉スパイスでソテーして、 皿に並べた黒丸大根にのせ、人参の葉っぱやパセリなどで飾る。

  ※作り置きしておいてオーブンで温めても。
 最後にバルサミコをひとまわし(なくても)。
 
※古安曾農園:長野県上田市古安曾で露地栽培をされている手のかかった野菜たちを作っている農園です。完全無農薬&有機栽培。丁寧に愛情たっぷりに育てられた野菜は滋味豊か。野菜の味にこんなにも違いがあることを初めて知りました。蕪も人参も生で食べたくなります。チー坊ノワールでは、ご近所の方たちの要望もあって、月に一度お野菜を運んでもらっています。東京駅や赤坂アークヒルズのマルシェで販売。鎌倉スパイスも買えます。(詳しくは、鎌倉スパイスSHOP 古安増農園のフェイスブックで検索)

 

 

admin