Quick & Slowな日々。
SEASON
二十四節気 七十二候、季節を感じながらゆっくりと、そして時に急いで。
時の過ぎゆくままに、猫路がいっぱいの鎌倉 佐助から猫街ダイアリー。
1月5日 第67候:セリ栄う
セリづくし

チー坊ノワールな食卓【3】

セリが盛んに育つ時期。生でいただきて独特の香りを楽しみたいですね。七草粥(7日)にはもちろんですが、ひと足お先にセリを堪能。

メニュー◆撻札蠅竜軻巻き】
新小岩にある「肉のあさひ」さんのしゃぶしゃぶ用の牛肉があったので、セリと一緒に。
<作り方>
 セリは生で適当に切っておく。
 鍋に湯を沸かし沸騰したら火を止め、しゃぶしゃぶ用の肉を一枚ずつ入れ、色が変わったら取り出し、キッチンペーパで水気をとる
 (沸騰したお湯にお肉を入れてしまうと、せっかくの美味しいお肉が固くなってしまうのだとか。以前、和食の板前さんに聞きました)。
 1の切ったセリを巻いて皿に並べる。


メニュー【玉ねぎと生姜のドレッシング】
昔々、長野県のロッジでバイトしてた時に教わったドレッシング。新鮮 白菜の千切りにかけていただくと美味。
白菜を生でいただいたのもこの時が初めてでした。
<作り方>
 玉ねぎ1/8と生姜ひとかけをする。醤油とサラダオイルを適量入れて混ぜるだけ。

メニューぁ撻キと豆腐の茶碗蒸し】
茶碗蒸しは大好物。だから祖母の形見の梅のどんぶりで作ります。カキと絹ごし豆腐とセリの組み合わせ、
一般的な茶碗蒸しとまたちょっと変わった趣です。最後に生のセリをのせて香りを楽しみます。
<作り方>
 カキ8個を水洗い。絹ごし豆腐約半分をひと口大に切って用意しておく。
 セリ一束は2兮腓棒擇辰討く。
 溶き卵3個と出汁400cc位(固さはお好みで。出汁は時間のある時は昆布で、時間の無い時は白だしでOK)をどんぶりで混ぜ合せる。
3に1と2のセリの茎を入れて蒸器で蒸す。20分ほどで火を止め、△了弔蠅離札蠅鮖兇蠅个瓩襦
 
 


admin